富武宗也のぼうけん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職の手引き
なにやら法文学部生に「就職の手引き」なる冊子が配られている。就職ガイダンスのとき配布されたらしいのだが、生まれてこの方そんなものに参加したことない僕が持っているわけも無い。

というわけでもらってきた。就職指導室の女性から「なにアンタ、今ごろ取りに来たわけ?就活負け組みね」という心の声が聞こえた。この女性は態度が悪いとゼミの中でももっぱらのうわさだ。なるほど、まったくその通りだと思う。

ふむ、月末までに進路希望調書を提出しなければいけないのか。危ない危ない。
個人的には田舎でうどん屋でもやるか海辺で釣具屋でもやるか、ともかく細々と自営業でもやってるほうが性にあっている気がする。まず路頭に迷うことになりそうだ。
それか世が世なら主夫もいいと思っている。今のところ時代が僕についてこないのが問題だろう。
技術者という人種には憧れる。文系じゃなくて理系に行くべきだった。
このままバイト先の郵便局もありだろう。しかし、民営化後10年くらい経った頃には無くなっているんじゃないかと僕はにらんでいる。
…そうだ、自転車整備士とか面白そうかも。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sawyer.blog21.fc2.com/tb.php/39-decf5992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。